学生ボランティア

学生ボランティアリーダーからの一言

後藤航己(一橋大商学部4年) 自己紹介

初めまして。

私は一橋大学の4年生、後藤航己と申します。幼少時代は中国で育ち、大学に入学した後も留学を通して様々な国をめぐることを趣味としています。一方で、学生時代に教育関係のボランティアを何度も経験し、子供たちに何かを教えること、そして同時に子供たちからたくさんのことを教わることが好きになりました。

自分の出来る範囲のことで、子供たちの力になれることはないかと思い、川崎寺子屋食堂をお手伝いさせていただいています。よろしくお願い致します。

学生ボランティア

こんにちは。
明治大学1年農学部の田中虹奈と申します。

先日、ニュースで貧困で苦しんでいる子どもたちが日本に多くいるという状況を知りました。フードバンクや全国にある子ども食堂についても、僅かではありますが知ることができました。その時から私は、この子たちと一緒に今まで知ることのできなかった新しい世界を学んで行きたいと強く思いました。

しかし、現在ある子ども食堂の多くは月に一回しか開かれないなどと本当に苦しんでる子どもたちにとってはあまり心地良い場とはなっていないのではないかと思っています。そこで、毎週開かれるというこの川崎寺子屋食堂にとても興味を持ち、参加したいと思いました。

子どもの貧困について一緒に考えさせていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。